株式会社フィールドワークス

HOME > フィールドワークス関連インフォメーション > 厳選洋画劇場 > 厳選洋画劇場Blu-rayシリーズ 発売中! 第2期は二大女優サスペンス!!

厳選洋画劇場

厳選洋画劇場Blu-rayシリーズ 発売中! 第2期は二大女優サスペンス!!

「厳選洋画劇場Blu-rayシリーズ」、既に第2期まで発売中です。
まずは、11月2日に発売になった『白い家の少女』『死への逃避行』のプロモ・ビデオをご覧ください。



『白い家の少女』は、主演のジョディ・フォスターの声を女優の仙道敦子さんがアテています。当時16歳で、澄んだ声と初々しいさがジョディのイメージにぴったりですね。ジョディ本人の声は低くて太いので、仙道さんの声でかなりイメージアップされています。仙道さんは、怒りや不安などの繊細な演技もきちんと声で表現していて、声優としてもすばらしいお仕事です。

 そしてマーティン・シーンの声は「ウルトラマン・レオ」のおゝとりゲンこと真夏竜さん。もともと海外TVシリーズで主演の声を担当していたこともあり、安定の吹替えです。繰り返しの台詞のたたみかけ方、激高したりなだめすかしたりと、こちらも聴きごたえ十分。イイ声をしています。M・シーンのFIX声優になっていただきたいほど、ハマっています。この二人の俳優が声で激突する貴重な吹替版を、ぜひ皆さんに聞いていただきたくて、今回のブルーレイを発売したと言っても過言ではありません。

 ちなみ、ブルーレイ封入の解説書は、真夏竜さんのインタビュー“だけ”で構成しています。隅から隅まで真夏竜(笑)。芸能界に入った経緯から吹替に関わるまでを語っていただいています。


『死への逃避行』はちょっといわくつきの作品で、劇場公開と最初のVHS化の後、ディレクターズ・カット版なるものが登場しました。以前のDVDはそれがメインでしたが、問題は本編尺。劇場公開版は121分あったのに、ディレクターズ・カット版は101分(DVDはPAL変換により95分)でした。何等かの理由で、劇場公開版のマスターが長らく作られなかったようです。2015年にようやくHDマスターが制作されましたが、弊社が払った権利料でテレシネしたようです(笑)。

 しかしこれで、今回ブルーレイという形で“完全版”を高画質でお届けできるはこびとなりました。幻のテレビ東京放送の吹替版も収録していますが、翻訳が字幕より抒情的で心に訴えかける台詞が多いので、こちらもぜひ聞いてみてください。

 この作品は、イザベル・アジャーニが主演ということで、シャレオツなアート系映画と思われるかもしれませんが、完全に狂った超異色サスペンスです。狂人(アジャーニ)を狂人(ミシェル・セロー)がストーカーし、最後は狂人VS狂人。油断していると強烈なパンチをくらわせられる一本です。M・セローの壊れっぷりもみどころで、証拠隠滅から殺人まで犯してしまう大暴走。全編が未知の映画体験であり、強烈な白日夢。そして娘を持つ父親なら、涙せずにはいられないラストシーンをご堪能ください。 (文:Siringo)

各商品の情報・購入は以下より

★2016年9月2日発売 第1期 ブロンソン&ドロン&ベルモンド アクショ・スター激闘編

■狼の挽歌 製作45周年特別版 Blu-ray&オリジナル・サウンドトラックCDセット→ご購入はこちらから

■狼の挽歌 製作45周年特別版 Blu-ray(単品)
ご購入はこちらから

■ハーフ・ア・チャンス HDリマスター版 Blu-ray
ご購入はこちらから



★2016年11月2日発売 第2期 ジョディ・フォスターXイザベル・アジャーニ 名女優サスペンス編

■白い家の少女 HDリマスター版 Blu-ray
ご購入はこちらから

■死への逃避行 HDリマスター版 Blu-ray
ご購入はこちらから



★2017年1月6日発売 第3期 マフィア抗争X世紀末SF 情無用のバイオレンス編

■長く熱い週末 Blu-ray&オリジナル・サウンドトラックCDセット→ご購入はこちらから

■長く熱い週末 HDリマスター版 Blu-ray(単品)
ご購入はこちらから

■バトルトラック HDリマスター版 Blu-ray
ご購入はこちらから