Field2 データベース・マーケティング事業

弊社の取り組むデータベース・マーケティングとは、映像事業において、顧客の問題解決のためにカスタマイズ・データベース環境を開発し、顧客独自のデータ解析を可能にするものです。

映像コンテンツは劇場、ビデオ、DVD、テレビ放送、ブロードバンドと様々なメディアで活用されます。映像事業において、それぞれのメディアでマーケティング方法が異なり、市場データの活用もおのずと変わってきます。当社が提供する基本データに、顧客独自のデータを加えそれぞれのニーズに合致したデータ分析の環境を創造いたします。

またそれによって当社からの市場分析や個別分析レポートを併せてお返しすることが可能となります。

カスタマイズ・データベース環境のメリット

カスタマイズ・データベース システム
※上記の図をクリックすると、拡大表示されます。再度クリックすると元に戻ります。

当社のカスタマイズ・データベース環境には、次の大きなメリットがあります。

  • 映像コンテンツ(特に映画)に関するタイトル名、人名、会社名などが完全ID化されたカタログマスターを使用。(allcinemaとの連動)
  • 独自の解析手法を提供いたします。
    (NPO法人 医学統計研究会(BRA)との連動)
  • オフィシャルに発表されないデータを含め、必要に応じて推測値を策定します。
  • 御社オリジナルのデータと併せた環境による独自の分析を可能とします。(カスタマイズの対応)
  • コンテンツ業界を横断したネットワークにより、他社とのリンケージをコーディネートいたします。
    (配給会社からTV局にいたる幅広いネットワークの活用)
「カスタマイズ・データベース」を構築したいとお考えの方は、ぜひ弊社にお問い合わせください。
このページの上部へ